~自動車評論家による~ 大型トラック2.750km実燃費計測レポート 実燃費レポート篇

燃費チャレンジ -Eco RUN-

国内では2006年から世界初となる重量車燃費基準を設け、燃費の良いトラック・バスが注目される時代となりました。そこで、緊急企画として2012年に重量車燃費基準を達成した大型トラック「スーパーグレートFS(GVW25t・8×4)」を使って、実際の利用シーンに沿った高速道主体の実燃費計測を実施。国内でトラックに精通している著名自動車評論家3名により交代で約2,750kmの行程をドライブいただき計測。果たしてその結果は?!

DRIVER

今回の燃費計測ドライバー

多賀 まりお氏
トラック専門誌Fullloadをはじめ多くのトラック・バスの専門誌を手掛ける。業界の第一人者。自動車技術会会員、日本レース写真家協会会員。

近田 茂
トラック、バスからバイクまで幅広く精通し、技術的な執筆も得意。日本自動車ジャーナリスト協会(AJAJ)所属。

西村 直人
専門はパーソナルモビリティだが大型トラックやバス、トレーラーの公道試乗も積極的にこなす。大型第二種免許/けん引免許/大型二輪免許、2級小型船舶免許所有。東京二輪車安全運転推進委員会指導員。A.J.A.J会員。2013-2014日本カー・オブ・ザ・イヤー選考委員

ROUTE

関東~九州を往復する、約2,750kmの行程マップ

DAY1:栃木県・さくら市喜連川~
愛知県一宮市

スタートは三菱ふそう喜連川研究所。ここから東北道→首都高速道→東名高速と主要高速道路を走行しつつ東海ふそう・一宮支店までの約530kmで実燃費を計測。本行程は平坦路が多い反面、燃費を落としやすい道路渋滞が起きやすいルートを敢えて選択しました。

DAY2・3:愛知県一宮市~福岡県福岡市(往復)

DAY2は、DAY1でゴールした東海ふそう・一宮支店から西に向かい、名神高速→中国道→山陽道→九州道→福岡都市高速へと乗り継ぎ、九州ふそう・福岡支店までの約760kmを走行。翌日のDAY3は、同じ行程を復路として愛知県一宮市の東海ふそう・一宮支店まで走行しました。
本行程もDAY1同様に平坦路が多い反面、渋滞ポイントが多く、燃費を落としやすいルートを盛り込んだ行程としました。

DAY4:愛知県一宮市~
栃木県・さくら市喜連川

最終日のDAY4は、東海ふそう・一宮支店から中央道→長野道→上信越道→北関東道→東北道を経由し、三菱ふそう喜連川研究所をゴールとする約510kmの行程を選択。DAY3までの走行条件とは異なり、登坂が多い行程を選択したことでの実燃費への影響をチェックしました。

RESULT

スーパーグレートの実燃費性能

高い燃費性能を示したスーパーグレートの実力!!
今回の自動車評論家3名での実燃費計測において、スーパーグレートは高い燃費性能が引き出しやすいトラックであることが証明されました。今回ドライバー役を引き受けていただいた多賀氏・近田氏・西村氏からは、今回の結果から、更なる性能向上に対する期待もいただきました。三菱ふそうトラック・バスは引き続き技術革新により、お客様のニーズに合った車両をお届けできるよう努力してまいります。

三菱ふそう スーパーグレート

独創のクリーンなイメージに、印象的なキャラクターラインで躍動感をプラスしたスタイリング。 細部までフラッシュサーフェスされた高い空力性能はもとより、点検整備性を高める大型フロントパネル、泥はねを抑えるステップ形状など、日々の稼働をふまえた機能美をカタチにしています。

カタログサイトへカタログサイトへ