fullload 特別編集版「燃費技術篇」

燃費チャレンジ -Eco RUN-

多賀まりお氏が語る「1,740km走破」してわかったキャンター燃費性能

トラックディーラー勤務、大学実験助手、NC工作機械エンジニアなどの経歴を経て、現在はフリーランスの自動車評論家である多賀まりお氏。fullloadの小型トラック燃費徹底検証企画のリーダー的存在として本企画に参加いただき、キャンター/キャンター エコハイブリッドについての「特徴」を徹底的に解説。

TOP

日本縦断燃費テストとは?

今回の小型トラック「日本縦断燃費テスト」で使用したのは「キャンター エコハイブリッド」と「キャンター(ディーゼル版)」、そして他社のハイブリッド車とディーゼル車の4台。仙台から福岡まで約1,740kmにわたって各車を同時に走らせ、燃費と共に「ハイブリッド車とディーゼル車」スペックを徹底比較しました。今回走らせた車両は、いずれもショートホイールベースのドライバン架装、2.0t積み/車両総重量(GVW)5t弱という量販車型。それをダミーウェイトによる1.0t積みの半積状態で運行しました。一般的な小型トラックの使われ方に合わせるために、ルートはゴー&ストップのある一般国道を軸に一部高速道路を併用し、渋滞する都市部の幹線道路や箱根の峠越えなども盛り込んだ結果、非常に興味深い結果が得られました。

低燃費にマッチした尿素SCRシステム低燃費にマッチした尿素SCRシステム

EMISSION

三菱ふそうキャンター2台は、低燃費にマッチした尿素SCRを採用。

他社仕様との大きな違いは、平成22年に出された「ポスト新長期排出ガス規制」に対応する「NOx(窒素酸化物)低減技術」が異なることでした。三菱ふそうキャンターは、エコハイブリッド/ディーゼル車ともに、後処理装置として「尿素SCRシステム」を採用。車上で尿素の水溶液によってNOxを還元させる尿素SCRは、その還元力の高さを利してエンジンの燃焼制御をNOx排出量が多くても燃費に優れる高温域の燃焼に振ることができます。そのため、今回のテストでは「尿素SCRシステム」を採用していない他社との燃費比較を公正に行うために、AdBlue(アドブルー)と呼ばれる尿素水の消費量も換算してトータルの燃料代に含めました。

ロングランでわかった特徴ロングランでわかった特徴

CANTER

ロングランでわかった特徴

キャンター・エコハイブリッドの特徴
今回のテストで私が最初に担当したのはキャンター・エコハイブリッド。最大の特徴は6段AMT(Automated Manual Transmission)にデュアルクラッチ式トランスミッション(DCT)の「DUONIC」を採用したことで、積極的かつスムーズに回生を行なう制御が魅力です。Dレンジに入れると3速にシフトされ、湿式多板クラッチの滑り制御によるクリープ現象が発生。ブレーキを緩めるだけでクリープ現象により静かに進み出し、アクセルペダルを踏み込むとモーター力によって力強く加速します。

キャンター(ディーゼル)の特徴
ディーゼル車の「キャンター」の個性が興味深かったです。「キャンター・エコハイブリッド」と同じく、6段AMTにデュアルクラッチ式トランスミッション(DCT)の「DUONIC」を搭載したキャンターは、エコハイブリッドよりも、デフのギア比が一段階大きい(深い)こともあって小気味良い走りが印象的でした。変速モードは「エコモード」を選んで、浅めで安定したアクセル開度を保てば相応の低燃費が期待できます。

気になるテスト結果は?気になるテスト結果は?

RESULT

気になるテスト結果は・・・

キャンター2台が低燃費ワンツーフィニッシュ!
「日本縦断燃費テスト」の気になる結果は、キャンター エコハイブリッドが12.3km/lの好燃費をマーク。道路状況やドライバーの違いを問わず、安定して優れた燃費値を記録しました。

キャンターディーゼル車でも、11.1km/lをマークする好成績に。エコハイブリッドとディーゼルの差が意外に小さいのは、今回のロングランでの平均車速が高く、ハイブリッドが回生によってエネルギーロスを抑制可能なゴー&ストップの頻度が低かったことが影響したかもしれません。チャンスがあればいつか渋滞路だけの比較もしてみたいところ。

なお、今回のロングランで使用した尿素SCRシステムでのAdBlueの消費量は、ハイブリッドが1.8l、ディーゼルが2.3lで、燃料費に算入するインパクトは思いのほか小さい印象です。尿素SCRは相応のメリットをもたらすシステムと言えると感じました。

RECOMMEND

「キャンター エコ ハイブリッド」とは?

オーナー様やジャーナリストによる感想を
OWNERS VOICEで調べてみる。

キャンター エコハイブリッドを実際に導入されているお客様の本音や、モータージャーナリスト多賀まりお氏のプロ目線での分析をオーナーズボイスで掲載中。

オーナーズボイスへオーナーズボイスへ

キャンター エコハイブリッドの情報を
カタログサイトで調べてみる。

エコ性能や車両の特徴をお調べになりたい場合はこちらから。

カタログサイトへカタログサイトへ

fullload掲載記事特別公開

日本横断!最新小型トラック燃費徹底検証!
キャンター エコハイブリッドで1,740km走行して判った燃費や快適性を公開中!!