finalRound 三菱ふそう キャンター エコ ハイブリッド 燃費チャレンジカップ決勝ラウンド

燃費チャレンジ -Eco RUN-

2013.11.23(Sat.)燃費チャレンジカップ決勝ラウンドが開催されました!!

ROUTE

燃費チャレンジカップの決勝ラウンドは名所を巡るコース

燃費チャレンジカップの決勝ラウンドは名所を巡るコース

三菱ふそうキャンターエコハイブリッド燃費チャレンジカップ決勝ラウンドは、快晴天気に恵まれた2013年11月23日に実施されました。各地区ラウンドの優勝者6名は、東京・芝公園にある増上寺からスタートし、丸の内や皇居を外周、六本木などを燃費走法で巡りながら神奈川県川崎市にある三菱ふそう川崎工場をゴールとする、約33kmの決勝コースに挑みました。

WINNER

燃費チャレンジカップの優勝者は関東ラウンド代表の長島様

関東ラウンド代表 長島 智春様

決勝ラウンドで優勝した長島へのインタビュー

Q1:決勝の舞台はいかがでしたか? また、東京のコースはどうでしたか?
A:周囲から勝てる、勝てると、プレッシャーをかけられ、なんとか頑張らなければと考えてばかりで緊張しました。関東代表として、悪い数字は出せませんから。今回のコースは距離が長く、アップダウンもかなりあり、しかも車線が多くて割り込みの車を気にしながらの運転なので、わりと走りにくかったです。
Q2:予選を経ての決勝大会ですが、どんな点に気を付けて運転しましたか?
A:とにかく、ムダにアクセルを強く踏まない。急発進や急加速をしないように、ゆっくり走ることを心がけました。省燃費をできるだけイメージしての運転です。
Q3:今日(決勝大会)の運転は、自己採点では何点ですか?
A:何とも言えないですね。モーターを上手く使いきれないなど、まだまだ課題はあります。そんなに良い点数は付けられません。
Q4:この大会はご自分にとって、どんな大会でしたか?
A:自分のエコドライブが、どのくらいの位置にいるのか? それを推し量れる大会だなと感じました。

優勝した長島さまには、100万円のキャッシュバッククーポンが贈呈されました。

優勝した長島さまには、100万円のキャッシュバッククーポンが贈呈されました。

優勝した長島さまには、100万円のキャッシュバッククーポンが贈呈されました。

WINNER

燃費チャレンジカップ決勝ラウンドに挑まれた皆様の声

近畿ラウンド代表 前田 健さま

近畿ラウンド代表 前田 健さま

第2位

近畿ラウンド代表 前田 健 様

燃費:10.364km

Q1:決勝の舞台はいかがでしたか? また、東京のコースはどうでしたか?
A:距離が長く、緊張の連続でした。ナビゲーターの方が前もって道案内をしてくれたので落ち着いて運転できたのですが、道中、駐車車両とか信号の多さに、今までにない苦労がありました。車の多さに加え、変化にも富んでいて東京は走りにくい。何よりも走ったことがなかったので、戸惑いはありました。
Q2:予選を経ての決勝大会ですが、どんな点に気を付けて運転しましたか?
A:アクセルワークに気をつけて、燃料をムダにふかさないこと。前方に気を配って、信号に引っかからないよう交差点をクリアすることを考えていました。
Q3:今日(決勝大会)の運転は、自己採点では何点ですか?
A:90点ぐらい。自分なりに出し切りました。
Q4:この大会はご自分にとって、どんな大会でしたか?
A:これまでいろんな免許証をたくさん取ってきて、自分の運転も多少なりとも自信を持っていたのですが、今回の大会ではそれが裏打ちされ、自分にとってはありがたいなと思いました。
Q5:2位入賞しました。今のお気持ちをお聞かせください。
A:優勝を逃したのはくやしいですが、私自身、全力で取り組んで、すべてを出し切りましたので、今はすごく清々しく、ありがたい気持ちでいっぱいです。

東海代表 炭竃 充さま

東海代表 炭竃 充さま

第3位

東海ラウンド代表 炭竃 充 様

燃費:10.273km

Q1:決勝の舞台はいかがでしたか? また、東京のコースはどうでしたか?
A:とても緊張しましたが、今回はチーム戦という形式をとっていたので、チームの団結とか盛り上がりという点で楽しめました。東京のコースは人の多さ、車の多さが地元とはだいぶ違います。走りにくさ、難しさを感じました。
Q2:予選を経ての決勝大会ですが、どんな点に気を付けて運転しましたか?
A:アクセルの踏みすぎには注意しましたが、特には新しいことは考えずに、予選と同じような運転をしました。
Q3:今日(決勝大会)の運転は、自己採点では何点ですか?
A:80点から90点はいけると思います。
Q4:この大会はご自分にとって、どんな大会でしたか?
A:最初はあまり深く考えず、キャンター エコ ハイブリッドを体感できるということで気楽に参加してみたのですが、決勝ラウンドに出場することになり、東海地区代表としての責任や、成績を残さないといけないという意識に変わりました。また、省燃費運転の大切さも、今いちど考えました。今回は、そのきっかけを作ってくれる大会だったように思えます。
Q5:3位入賞しました。今のお気持ちをお聞かせください。
A:素直にホッとしています。やっと終わったなと。チームのメンバーをはじめ、みなさんに支えてもらったので、少しでも結果を出せて嬉しいです。

中国代表 小林 一成さま

中国代表 小林 一成さま

第4位

中国ラウンド代表 小林 一成 様

燃費:10.210km

Q1:決勝の舞台はいかがでしたか? また、東京のコースはどうでしたか?
A:今日は楽しみながら運転できればいいかなと思っていました。ただ、東京のコースは信号が多いし、地元ではないので道の状況が分からず、ナビゲーターの方を本当に頼りにしながら走っていました。あと前日、東京モーターショーに招待していただけたのが嬉しかったです。なかなか行く機会がなかったので。
Q2:予選を経ての決勝大会ですが、どんな点に気を付けて運転しましたか?
A:コースの状況があまり分からないので、予選の時と同じように走りました。また、せっかくなので、景色を楽しみながら運転していました。
Q3:今日(決勝大会)の運転は、自己採点では何点ですか?
A:100点近く。いい感じで走れました。
Q4:この大会はご自分にとって、どんな大会でしたか?
A:思っていた以上に盛り上げてくれて、とても楽しく過ごさせていただきました。

東北代表 今野 努さま

東北代表 今野 努さま

第5位

東北ラウンド代表 今野 努 様

燃費:10.079km

Q1:決勝の舞台はいかがでしたか? また、東京のコースはどうでしたか?
A:やはり、交通量がずいぶん違うといった印象です。あまり経験しないようなコースだったので難しかった。一区間、一区間、慎重に走ったというイメージです。
Q2:予選を経ての決勝大会ですが、どんな点に気を付けて運転しましたか?
A:都会なので、ずっと速度と回転数を一定に保つのは難しいと思い、自分の中でいろいろと戦略を立ててきました。例えば、ISS(アイドリングストップ機能)を局面に応じて使い分けて運転するとか。省燃費に繋がったか分かりませんが、考えていたことはある程度できたかなと思います。
Q3:今日(決勝大会)の運転は、自己採点では何点ですか?
A:60点。初めての道だったので、これぐらいです。?
Q4:この大会はご自分にとって、どんな大会でしたか?
A:貴重な体験でした。今回の大会は、安全運転やエコ運転への意識をいっそう向上させる過程になった。そんな感じがします。

九州代表 石丸 真己さま

九州代表 石丸 真己さま

第6位

九州ラウンド代表 石丸 真己 様

燃費:10.035km

Q1:決勝の舞台はいかがでしたか? また、東京のコースはどうでしたか?
A:予選の時の反省点はある程度改善できましたが、東京のコースには戸惑いました。信号の変わるタイミングなど予想しきれないで、自分のいつもの感覚とは違いました。
Q2:予選を経ての決勝大会ですが、どんな点に気を付けて運転しましたか?
A:発進には気をつけて、なるべく早くトップギヤに入れることを心がけて運転しました。
Q3:今日(決勝大会)の運転は、自己採点では何点ですか?
A:80点ぐらいですね。
Q4:この大会はご自分にとって、どんな大会でしたか?
A:何もよくわからず参加して、東京の決勝ラウンドまで来てしまった! そんなイメージでしたが、いろいろ体験してみて、次の大会にもぜひ出てみたいなと思いました。

燃費チャレンジカップで沢山のお客様にキャンター エコ ハイブリッドの燃費性能を実感いただきました

燃費チャレンジカップで沢山のお客様にキャンター エコ ハイブリッドの燃費性能を実感いただきました

今回の燃費チャレンジカップでは、エコドライブには日々の運転時の心がけが重要であることを参加された多くのお客様がお感じになられていました。同時に、三菱ふそうキャンター エコ ハイブリッドは高い実燃費性能を引き出しやすいことを証明いただけました。 特に、決勝大会では各地区ラウンド代表者のが都心の難コースに挑んでいただいたにもかかわらず、全員が試走したモータージャーナリスト多賀まりお氏の記録に肉薄する10km/L台の燃費を記録されたことも、実燃費に貢献できる車両であることを示せたと感じています。

RECOMMEND

「キャンター エコ ハイブリッド」とは?

オーナー様やジャーナリストによる感想を
OWNERS VOICEで調べてみる。

燃費チャレンジカップの全コースを試走したfullloadのメインライター・モータージャーナリスト多賀まりお氏のキャンター エコ ハイブリッドインプレッションや、実際に導入されているお客様の本音を掲載中。

オーナーズボイスへオーナーズボイスへ

キャンター エコ ハイブリッドの情報を
カタログサイトで調べてみる。

エコ性能や車両の特徴をお調べになりたい場合はこちらから。

カタログサイトへカタログサイトへ

トラック専門誌fullload掲載記事特別公開

日本横断!最新小型トラック燃費徹底検証!
キャンター エコ ハイブリッドで1,740km走行して判った燃費や快適性を公開中!!

ほかの予選ラウンド情報を見る

  • 東北ラウンド東北ラウンド
  • 関東ラウンド関東ラウンド
  • 東海ラウンド東海ラウンド
  • 近畿ラウンド近畿ラウンド
  • 中国ラウンド中国ラウンド
  • 九州ラウンド九州ラウンド